×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



私は2015年9月19日に、
参議院本会議で成立されたと与党と一部野党の主張する、
「平和安全法制整備法」と「国際平和支援法」に反対します。

どのような法なのか

同盟関係にある他国が攻撃をされた際に、
日本が反撃を出来る集団的自衛権を行使出来るようにするものです。

日本と同盟を結ぶアメリカの戦争に日本が駆り出され、
直接戦闘参加をすることになるでしょう。

アメリカの行う戦争の大半は、
国連の認めない独善的な侵略戦争です。

また国連の平和維持活動についても戦闘支援が予定されています。

ルール上の問題

日本国憲法では集団的自衛権は認められていません。
あらゆる憲法学者が憲法違反を明確に指摘しています。

参院特別委員会(我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会)
に於いて、与党議員を中心に行われたクーデター採決は、議事録が一部存在していないため本来無効です。

自分の意思

まず憲法違反であることを、
立憲主義国家として正さねばなりません。

個別的自衛権で国を守ることも相手を止めることも出来ます。
私は交渉に失敗した後の、
最小限の防衛戦争以外はあってはならないと考えていますから、
今回の侵略戦争を意図した安保法は、とても看過出来ません。

日本は第二次世界大戦後も侵略戦争に積極的に参加をしてきた情けない国であります。
今回の安保法は参加だけに留まらず、
戦争を仕掛ける側に回る可能性を大きく広げることになるでしょう。

私自身は国連の平和維持活動に関して、
戦闘支援をするべき部分はするべきだと思っていますが、
それは改憲を行って初めて出来ることです。

※現状で改憲をすると権力者に都合の良いように改憲をされてしまう可能性が大きいです。
  なので私は改憲を積極的には支持しません。

日本は日本国憲法を都合良く解釈し続けて来ました。自衛隊がとても良い例です。
曖昧な解釈を続けた結果、今回のような大ルール違反がまかり通ってしまったことは、
改めて考慮しなければならないでしょう。

今後出来ること

地道に今回の憲法違反の問題を身近な人に伝えること。
違憲安保法に反対をした議員や政党の、次の国政選挙のための応援をすること。
全国で起きるであろう安保法に対する集団違憲訴訟の応援をすること。

最後に

意見の違う人たちも同じ日本人や地球人です。諦めることなく対話を続けていきたいと思います。




TOPへ

  
 
安保法に反対!